このページの先頭です サイトメニューここから
このページの本文へ移動
荘内ガス株式会社
  • 文字の大きさ
  • 大
  • 中
  • 小
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取扱いについて
  • 製品紹介
  • 事例・実例
  • LPガスの安全ガイド
  • 会社案内
  • 社員ブログ 荘内ガスFacebookページへ移動


本文ここから

災害時の対策は…

まず、ご自分の身の安全を守ってください。

災害後に再びガスを使うときは、必ずLPガス販売店または保安機関の点検を受けてからお使いください。
異常があった場合は、至急LPガス販売店または保安機関へ、氏名・住所・状況などをお知らせください。

火災のときは

容器バルブを閉めてください。
また、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。

地震のときは

ガス栓・器具栓を閉め、火をすべて消します。揺れの大きな時は、おさまった後で戸外の容器バルブも閉めてください。

台風や洪水のおそれがあるときは

容器バルブを閉め、容器が倒れたり、流されないようロープなどでしっかり固定してください。

容器バルブの閉め方

災害のときに、容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。
容器バルブを閉めるときは、時計と同じ方向(右)に回すと閉まります。

立消え安全装置付きコンロ

  • 雪囲いや容器小屋の設置
    雪で容器が埋まったり、屋根からの落雪で調整器や配管、メータなどがこわれるおそれがあるので、雪囲いや容器小屋を設置してください。なお、雪囲いや容器小屋のまわりは除雪してください。
  • 排気筒(煙突)の補強
    排気筒(煙突)は丈夫な支柱で補強してください。
  • 雪おろし
    雪下ろしの際には、LPガス設備に損傷を与えないように十分注意してください。

災害に強いLPガス

近年、各地で地震などの大規模な災害が続いています。どの被災害地においてもライフラインの早期復旧が課題となりました。
LPガスは避難所などですぐに対応できることや、復旧の早さに置いて優位となり、多くの人々の暮らしに安心をもたらしました。その実績からさまざまなところで、LPガスは「災害に強い」ことが実証されています。

本文ここまで


以下フッターです。

荘内ガス株式会社

〒998-0063 山形県酒田市南新町2丁目5番35号
電話:0234-22-4444(代表) ファックス:0234-22-4448
Copyright © SHONAI GAS CO.,LTD. All Rights Reserved.
フッターここまで このページの上へ戻る